M様邸

住宅リフォームの動機・要望

ゆったり入浴して疲れを癒したい、お手入れもしやすいお風呂にしたいとのことでした。

リフォームの工夫点・ポイント

浴槽は保温浴槽にすることで、お湯が冷めにくくなりました。

また、浴槽表面だけでなく、はっ水・はつ油成分を素材にも練りこんであるので、キレイな浴槽が長続きします。浴室の床も、「スミピカフロア」を採用し、床の隅までお手入れが行き届くようになっています。

お施主様から評価されたポイント

保温性の高い浴槽に驚いています。お湯が冷めにくいので光熱費が安くなり嬉しく思いますとのお声を頂きました。床も滑りにくくなり、水もしっかりはじくので、冬場の寒い浴室へ入る億劫さがなくなりましたと評価して頂きました。

住宅リフォーム施工前後


Comments are closed